ウサギが大好きな、そしてビートルズをこよなく愛するミッドナイト・トラッカー、paulkoba のブログに     ようこそいらっしゃい♪


by paulkoba
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:The Beatles News( 144 )

ポールの新作“EGYPT STATION”が、
初登場1位を記録していることを9月16日にビルボードが明かした。
(9月22日以降の全米チャートに反映される)
ソロ・アルバムが全米1位となるのは1982年発表の“TUG OF WAR”以来36年ぶり。
ソロ・アルバムが全米初登場1位になるのは意外にも今回が初めて。
ソロ名義での全米No.1アルバムはこれで3作目となる。
c0055348_12375574.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-09-18 12:38 | The Beatles News | Comments(0)
音楽ライセンス会社PPLがこのたび、
ビートルズが設立したアップル・レコードの50周年を記念して、
「21世紀で最もかけられたアップルのレコード」上位20曲ランキングを発表した。
イギリスで8月30日(アメリカで26日)に
ビートルズのシングル‘Hey Jude / Revolution’、
メリー・ホプキンの‘Those Were The Days’、
ジャッキー・ロマックスの‘Sour Milk Sea’、
ブラック・ダイク・ミルズ・バンドの‘Thingumybob’がリリースされてから、
ちょうど50年となる。

1. My Sweet Lord – ジョージ
2. Imagine – ジョン
3. Hey Jude – ビートルズ
4. Let It Be – ビートルズ
5. Band On The Run’ – ポール・マッカートニー&ウイングス
6. Get Back – ビートルズ
7. Here Comes The Sun – ビートルズ
8. Something – ビートルズ
9. Live And Let Die – ポール・マッカートニー&ウイングス
10. Jet –ポール・マッカートニー&ウイングス
11. The Long and Winding Road – ビートルズ
12. Back in the U.S.S.R. – ビートルズ
13. Come Together – ビートルズ
14. Revolution – ビートルズ
15. Jealous Guy – ジョン・レノン
16. The Ballad Of John And Yoko – ビートルズ
17. Instant Karma! (We All Shine On) – ジョン・レノン
18. While My Guitar Gently Weeps – ビートルズ
19. Those Were The Days – メリー・ホプキン
20. No Matter What – バッドフィンガー
c0055348_12203059.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-09-02 12:20 | The Beatles News | Comments(0)


ジャーニーのボーカリストとして知られるスティーブ・ペリーが10月、
闘病後、復帰第1作となるソロ・アルバム“TRACKS”をリリースすることを発表。
米ラジオ局とのインタビューで、ビートルズの ‘I Need You’をカバーしたいと、
オリビア・ハリスンに直々に許諾を求めたことを明らかにした。
ペリー「ずっと若いときに初めてこの曲を聴いたんだ。
ビートルズがボサノバみたいな曲をやっていて、僕は『何だこれ? クールだな。
でも、この曲はもっとよくなるはずだ』だなんて生意気に思ったんだ。
僕の頭の中では、今度のアルバムでやったカバーみたいに、R&B風がいいと感じていた。
16歳、18歳だったかな。とにかく10代だった。もっとビッグな曲に聴こえたんだ。
実際そうなんだよ。ジョージ・ハリスンは素晴らしい曲を作った。
ザ・ビートルズのバージョンもいいけど、僕は、R&B風にしてよりビッグにできるって思ったんだ」
「オリビアに聴かせた時は緊張したけど、彼女は2回聴いて、
『ジョージはこれを気に入ったでしょうね』って言って、許可してくれたんだ」
c0055348_12164842.jpg


[PR]
by paulkoba | 2018-09-02 11:59 | The Beatles News | Comments(0)
8月16日、ソウルの女王の異名をとったアメリカのシンガー、
アレサ・フランクリンが膵臓(すいぞう)がんのため他界した。76歳だった。

ポールのお悔やみ
「ソウルの女王、アレサ・フランクリンの美しい生命に感謝の意を表します。
彼女のミュージシャンとして、そして素晴らしい人としての偉大な記憶は
永遠に私たちと共に生き続けます。愛を込めて。ポール」
リンゴのお悔み
「ソウルの女王アレサ・フランクリンに神のご加護を。彼女のご家族にピース&ラブを」

アレサはジャニス・ジョプリンをはじめ、多くの女性シンガーに影響を与え続けた。
彼女はまた、1971年にフィルモア・ウェストでパフォーマンスした ’Eleanor Rigby’をはじめ、
’Let It Be’ ‘The Long And Winding Road’のビートルズ・カバーを残している。
c0055348_10470528.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-08-19 10:47 | The Beatles News | Comments(0)
7月13日付の全英オフィシャル・チャート、
「シングル・レコード」の部門で、‘Yellow submarine’が1位を記録した。
このチャートは伝統的なアナログ・レコードの人気が高まるのを受けて2016年に新設されたチャート。
今回のトップ10は以下のとおり。

1位:ビートルズ/Yellow Submarine
2位:モリッシー/All The Young People Must Fall In Love
3位:オーチャーズ/Peggy
4位:デビッド・ボウイ/In Bertolt Brecht’s Baal
5位:ライアン・アダムス/Baby I Love You
6位:ラン・ザ・ジュエルズ/Kills Your Masters
7位:プリンス/Nothing Compares 2 U
8位:マジー・スター/Still
9位:ペギー・グー/It Makes You Forget
10位:ジャングル/Happy Man
c0055348_06120985.gif


[PR]
by paulkoba | 2018-07-19 06:12 | The Beatles News | Comments(0)
6月20日(日本時間19日午前1時)、
ポールがニュー・アルバム“EGYPT STATION”を9月7日にリリースすることを発表した。
アルバム・ジャケットはポールの絵画。
14曲が収録され(ポールのサイトから。日本では16曲が収録とアナウンスされている)、
先日リリースが発表されたシングル曲’I Don’t Know’ 'Come On To Me’に加え、
オープニングを飾る 'Station I' とエンディングを締める'Station II’(共にインストゥルメンタル)や、
他に'Happy With You’ 'People Want Peace''Despite Repeated Warnings’が収録される。
c0055348_04154269.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-06-22 04:23 | The Beatles News | Comments(0)
6月19日、ポールがオフィシャル・サイトでニュー・シングルの内容を発表した。
発売日は、20日を予定。'I Don't Know、 Come On To Me’の2曲。
現時点では、デジタルのみの発売となり、
国内、輸入盤ともに発売の予定はないとされているが、あくまでも予定である。
ニュー・アルバムは、秋を予定している。

‘Come On To Me’は6月9日に英リバプールのパブ、
フィルハーモニック・ダイニング・ルームで行われたシークレット・ギグで世界初公開された曲とのこと。
c0055348_04195127.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-06-22 04:20 | The Beatles News | Comments(0)
世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーによると、
イギリスの名所としてキャバーンクラブが8位と、
近年高い評価を得ていることが明らかになった。
ロンドン塔やタワーブリッジなど名だたる名所の中で、大健闘している。
発表されたイギリスのランドマークTop 10は以下の通り。

1位:ロンドン塔(ロンドン)
2位:タワーブリッジ(ロンドン)
3位:ビッグ・ベン(ロンドン)
4位:エディンバラ城(エディンバラ)
5位:ロイヤル・ヨット・ブリタニア(エディンバラ)
6位:ウェストミンスター寺院(ロンドン)
7位:ローマン・バス(バース)
8位:ザ・キャバーン・クラブ(リバプール)
9位:バッキンガム宮殿(ロンドン)
10位:セント・ポール大聖堂(ロンドン)

c0055348_10063373.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-05-27 10:06 | The Beatles News | Comments(0)
5月4日、英バッキンガム宮殿で、
エリザベス女王からポールにコンパニオン・オブ・オナー勲章が授与された。
コンパニオンズ・オブ・オーナー勲章は文化部門と公共福祉部門の功労者に与えられる。
ポールは音楽分野における長年の功績が認められての受賞となった。
昨年の受章式ではハリー・ポッター・シリーズの作家J・K・ローリングが授与した。
ポールの声明「これは僕と僕の家族に対する大きな名誉だと思う。
そして、リバプールの母と父がこれを見ていたらどんなに誇りに思ってくれただろうか」
ポールは娘のブランド、ステラ・マッカートニーのカスタム・スーツを着用し、
妻ナンシーをエスコートして参加した。
c0055348_12483005.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-05-11 12:48 | The Beatles News | Comments(0)
1968年4月4日に暗殺されたマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの
50周年追悼がスティービー・ワンダー主導でweb上で行われた。
スティービーは、キング牧師の有名な『I have a dream(私には夢がある)』の
スピーチについて言及し、自分の夢を語ることを呼びかけた。
多くの著名人がこれに反応し、ポールもメッセージを寄せた。
スティービーの声明はどこかジョンのメッセージを彷彿させるところがある。
「マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの教えとその仕事は、
僕と世界が平和にチャンスを与えるのにつながった。
キング牧師は50年前に世界を去ったが、彼の夢は今でも僕たち全員の中にある」
ポールの夢は「みんなが調和的に共にに暮らすこと」だった。ポール「50年前の4月4日、
ドクター・キングの人生は急に終わらされたが、彼の夢は今でも生きている。
僕の夢は、全員が調和的に生きることだ。ぜひ君の夢も聞きたい」。
他にエルトン・ジョンが「エイズのない世界」、元大統領と夫人のオバマ夫妻は
「お互いに共通している人間性に気づくこと」などの夢を語った。
c0055348_12385128.jpg

[PR]
by paulkoba | 2018-04-16 12:39 | The Beatles News | Comments(0)